« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »

2006年1月27日 (金)

アットホームなハワイアン
kai a noa @鵠沼

鵠沼海岸駅からすぐ近く、小田急の線路沿いに
ハワイアンレストラン kai a noa・カイ ア ノアがある。

K

手書きの看板には各種モコメニューが。
ランチタイムはスープ、サラダ+ドリンクがついて
950円とリーズナブル!

K_2

一歩入ると心地よいハワイアンナンバー。
ブラウンを基調としたシックな色合いで装飾された店内に、
お店の方のセンスの良さが感じられる。

K

K_1

天井にはロングボードが!
なんでもマスターは波乗りが趣味だとか。
この日の朝も海に入ってきたそうだ。

K_2

さて、さっそく実食!!!
6種類あるモコの中から3種類をチョイス。

定番!ロコモコ

Photo_38

ハンバーグがジューシーでライスとよくあう!
タマネギの甘さがきいたソースもおいしい。

エスニックチキンモコ

Photo_39

ピリ辛鶏そぼろとシャキシャキ生野菜がgood!
隠し味のナンプラーがふわっと薫る。

そしてポキモコ

Photo_40

メカジキのさいころソテーの丼。
あっさりとした味付けが食欲をそそる。

その他にも日替わりメニューもあって、
ハワイアンのみならずアジアンフードも楽しめる。

マスターの藤田さんは
もともとお台場にあった
「サムチョイズ」の料理長をしていて
2ヶ月ハワイでの研修を経験。

その際に、
ハワイ人の素朴さ、
そしてハワイの自然に魅了されて
このお店を始めた。

と言う。

K_3

クセをなくして日本人の舌に合うように
味付けに工夫されているそう。

マスターと奥様の暖かい人柄に包まれて
いただくハワイアンフードはハッピーな味!
夏にはオープンデッキで楽しめます。

◆アクセス
kai a noa・カイ ア ノア
〒251-0037
藤沢市鵠沼海岸2-1-8
TEL・ FAX 0466-36-5572
営業時間 11:30~16:00 17:30~22:00 (火曜定休)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

サーフショップでハワイアン!
C.C.C KUGENUMA BEACH

夏には大賑わいのサーフショップだけど
冬はがら~ん・・・

と思いきや、冬の湘南はサーフ天国!
どんなに寒くても波さえあればサーファーたちで
ごった返している。

久しぶりにサーフショップに寄ってみた。
C.C.C KUGENUMA BEACH

Photo_30

店内にはサーフボードからウエット、
サーフブランドのアパレル関係までところ狭しと並ぶ。

Photo_31

それは、当たり前だ。
だってサーフショップだもんw。

でもこのC.C.C KUGENUMA BEACHには
ハワイアン雑貨も幅をきかせている。

Photo_32

Photo_37

ハワイアンキルトの雑貨などもある。

Photo_34

ちなみにボージョボー人形もw

Photo_35

サーフショップでハワイアングッズも買えちゃうなんて
一度で二度美味しい♪
スタッフの方もスマイリーで、
店内は鵠沼のロコサーファーでで賑やか!

Photo_36

外は寒~い冬でも、
店内はハワイアンムードなのでした。
ボードロッカーやクラブハウスも充実していて
手ぶらでもOK!
鵠沼のロコ友達もできるかも!

◆アクセス
C.C.C KUGENUMA BEACH
〒251-0037
藤沢市鵠沼海岸2-15-16
TEL/FAX 0466-35-7675
mail cccsurfshop@yahoo.co.jp

●スクールメニュー
LONG SHORT FUN BODY
●スクール料金
2時間 3000円~

●レンタル料
1日3000円


| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年1月25日 (水)

寒~い朝に
とろける甘~いジャムはいかが?
Romi-Unie Confiture@鎌倉

Confitureとはフランス語でジャムの意味。
Romi-Unie Confiture・ロミ・ユニ コンフィチュール
はお菓子研究科のいがらしろみさんのジャム専門店。

Photo_135

ジャムと言っても普通のジャムとはちょっと違う。
そのままスプーンで食べたくなるくらいおいしいのだ。

季節のフルーツをふんだんに使い、
素材の味や香りをそのまま活かしているため、
シーズンごとに売られているジャムの種類が異なる。

Photo_136

ア・ラ・セゾン 季節のフルーツジャムシリーズ
ヴァッシュ ミルクジャムシリーズ
キャラメル キャラメルペーストシリーズ
タルティネ チョコレートペーストシリーズ

と大きく4種類あり、
それぞれに様々なフルーツやスパイスがミックスされていて
Gris-Gris ・グリ・グリ /キウイとバナナ
Fraise・ フレーズ /いちごミルク
などかわいらしい名前が付けられている。

店内のアトリエで全て手作り。
その種類は常に30種類はあるという。

Photo_137

もちろん定番物もあるが、
その時期にしか味わえない物が多く、
毎月どんなレシピのジャムが出るのか楽しみ!

これは季節物なので今はもう売られていない
リンゴとミルクのジャム。

Photo_138

甘~いミルクペーストに
シャリっとしたリンゴが入っている。
ハード系のパンとの相性ばっちり!

Photo_139

その他にも、パンケーキの粉、トートバッグ、
オリジナルユニフォーム、「CHA YUAN」の紅茶
そしてろみ先生の著書も置かれている。

ジャム=パンだけではなく、
パンケーキやヨーグルトにも相性ぴったり。
種類が多くありすぎて迷ってしまいそうだけど、
お気に入りの味が絶対に見つかるはず!

きれいに洗った瓶を持って行けば
量り売りもしてもらえます!

◆アクセス
Romi-Unie Confiture ロミ・ユニ コンフィチュール
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-13-1
TEL: 0467-61-3033
FAX: 0467-61-3034
メールマガジンの登録はこちら
オンラインショッピングはこちら

| | コメント (5) | トラックバック (1)

小さな小さなパン屋さん
パンキー@茅ヶ崎

茅ヶ崎駅から海へと向かう雄三通りを歩いていると
個性的なお店が何軒かある。

スーパーたまやの脇道をふと除くと
三角屋根の小さなお店を発見。

なんだろう?と思って近づいてみると
「パンキー」と書かれた
象の絵の看板がかかっていてた。

Photo_131

そこは人が3人も入ればちいさなパン屋さんだった。

おしゃれというより、ちょっとノスタルジックなパンが並ぶ店内には
「お嬢ちゃん、どんなパン探してるの?」
と気さくなおばちゃんがひとり。
あの~こう見えてももう三十路なんですけど(苦笑)

3時のおやつになるようなお菓子パンを探していると言うと、と
「ねじりん棒」「アップルパイ」
すすめてくれた。

「うちのパンは無漂白の小麦粉を使っていて
カラダに優しいんだよ!」

とおばちゃん。
自分のパンに誇りをもっているのが伝わってきた。
ということで、この2つをお買い上げ。

お客さん全員に配っているという小さなパンをプレゼントしてくれた。

Photo_132

ねじりん棒の味はというと、
ゴマがぎっしりつまっていて、
黒糖の風味がふわっと香り、つぶつぶとした食感。
パン生地もふんわりというよりしっかりとした口当たり。

Photo_133

アップルパイはりんごが甘すぎず、
ゴロっとした食感が残っている。
生地はサクサクというよりしっとり。
中のりんごと抜群の相性。

Photo_134

おまけのパンも卵の味がして
なんだか、とっても懐かしい味。

お店にしても、パンにしても素朴という言葉がぴったり。
飾りっけはなくてもどれも味わいは確か。
あとはおばちゃんの明るいキャラクターかな。
常連が絶えないわけが分かった気がした。

◆アクセス
パンキー
〒〒235-0053
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北3丁目1-1
TEL 0467-85-4853

| | コメント (35) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

PROFILE 01
Tatshuhiro Sato@Banyans

■ハワイアンスピリット、それは自分の人生

鵠沼海岸近くのハワイアンダイナーkai a noa
颯爽とスケボーで現れたMr.Sato。
今日の主役だ。

Photo_121

ハワイとの出会いは?

食べ物、洋服そして音楽、サーフィン。
それぞれバラバラと散らばっていた
好きなものがくっついて
たどり着いたのが
ハワイの人、考え方、空気。
点と線が結びついて
ハワイへと導かれたんだ。

Photo_122


現在はハワイアンデザイナーとして
Tシャツやステッカーデザイン、
アーティストのツアーグッズ等の
デザインを手がける佐藤さん。

T

前職はクルマのディーラー。
しかも大学で専攻していたのは農獣医学。
今の職業とは全く違う世界にいた。
しかし、楽器運びなどのバイトを通じ、
常に音楽が自分の側にあったと言う。

41歳にしてハワイアンデザイナーとして
独立した佐藤さん。

今までの時間は必要な時間だったと思う。
様々な巡り会わせがあり、今に至った。
会社を辞めるときに反対する人はいなかったよ。

と笑みを絶やさない。

Photo_124

巡り合わせ。

佐藤さんにはひとつ大きな巡り会わせがあった。
それはセラピストである奥様の影響。
これが人のあるべき姿を知る機会だったと言う。

みんな幸せになりたいよね。
そのために修行を積んだりするのではなく、
自分の中に幸せがあると考えるんだ。
自分が幸せであると思えたときが
本当の幸せだと思うな。

落ち込むことは?

ガクンとくることは
この世に生を受け、肉体を持っている証拠。
それを認めてあげなければいけないよね。

Photo_125

みんな自分をもっといたわってほしい、
本当の幸せを教えてあげたい、
そのためにどうしたらいいのかを考えた時、
ハワイというフィルターを使って伝えたいと思ったそうだ。

Photo_126


「ハワイアンスピリットとは?」
と質問を投げかける。

自分の人生かな。

シンプルな言葉がが、
人生を通じて勉強しているという彼のこのひと言には
朗らかな深みがある。

自分が作ったTシャツを着る人が
幸せになってほしいといつも思ってるね。
いつまでも大切にしてくれるような
いいものを作りたい。
目には見えない
スピリチュアルなメッセージを込めて
作っているんだ。

T_1

T_2

誰もが認めるものを作ることは難しい。
でも、その理想に向かってものを作ることが
楽しんだよね。

作品全てには佐藤さんの暖かな思いがこもっいる。
そして、ものを創ることそのものを楽しんでいる。

やらされているのではなく、
主体は自分。

そのマインドはクリエイターとして
あるべき核心なのではないだろうか。

___________________

ハワイアンデザイナー
佐藤達博
バニヤンズを経営
mail to
TEL 046-267-5815

■主な作品
InterFM、土日7:00~13:00OA WEEKEND CRUISE
DJVance Kが率いるハワイアンバンドKAWAIHAE
ツアーTシャツをデザイン。
その他、バーや各種イベントのTシャツ、
ステッカーデザインなど幅広く展開。

自分のお気に入りのTシャツを1点からオーダー可能。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

雪だるまが見つめる先に・・・

雪の湘南。

波と雪の稜線が続く鵠沼海岸。

Photo_116


白い砂浜の向こうに江ノ島が見える。

Photo_115

「犬は喜び、浜駆け巡り♪」
砂浜には犬の足跡。

Photo_117

喜んでいるのはワンコだけではない。

Photo_118

今か今かと波を待つサーファーを見てるのは・・・

Photo_119

その瞳は貝殻だった。

Photo_120

雪の湘南。
なかなかオツだね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »