2006年1月25日 (水)

寒~い朝に
とろける甘~いジャムはいかが?
Romi-Unie Confiture@鎌倉

Confitureとはフランス語でジャムの意味。
Romi-Unie Confiture・ロミ・ユニ コンフィチュール
はお菓子研究科のいがらしろみさんのジャム専門店。

Photo_135

ジャムと言っても普通のジャムとはちょっと違う。
そのままスプーンで食べたくなるくらいおいしいのだ。

季節のフルーツをふんだんに使い、
素材の味や香りをそのまま活かしているため、
シーズンごとに売られているジャムの種類が異なる。

Photo_136

ア・ラ・セゾン 季節のフルーツジャムシリーズ
ヴァッシュ ミルクジャムシリーズ
キャラメル キャラメルペーストシリーズ
タルティネ チョコレートペーストシリーズ

と大きく4種類あり、
それぞれに様々なフルーツやスパイスがミックスされていて
Gris-Gris ・グリ・グリ /キウイとバナナ
Fraise・ フレーズ /いちごミルク
などかわいらしい名前が付けられている。

店内のアトリエで全て手作り。
その種類は常に30種類はあるという。

Photo_137

もちろん定番物もあるが、
その時期にしか味わえない物が多く、
毎月どんなレシピのジャムが出るのか楽しみ!

これは季節物なので今はもう売られていない
リンゴとミルクのジャム。

Photo_138

甘~いミルクペーストに
シャリっとしたリンゴが入っている。
ハード系のパンとの相性ばっちり!

Photo_139

その他にも、パンケーキの粉、トートバッグ、
オリジナルユニフォーム、「CHA YUAN」の紅茶
そしてろみ先生の著書も置かれている。

ジャム=パンだけではなく、
パンケーキやヨーグルトにも相性ぴったり。
種類が多くありすぎて迷ってしまいそうだけど、
お気に入りの味が絶対に見つかるはず!

きれいに洗った瓶を持って行けば
量り売りもしてもらえます!

◆アクセス
Romi-Unie Confiture ロミ・ユニ コンフィチュール
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-13-1
TEL: 0467-61-3033
FAX: 0467-61-3034
メールマガジンの登録はこちら
オンラインショッピングはこちら

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年12月25日 (日)

秘密のイタリアン@由比ガ浜2丁目

今日は隠れ家イタリアンチッポリーノへ。
このお店は知り合いに連れて行っていただいたのだけど、
webにも雑誌にも取り上げられているのを見られたことがない。

わたしが今まで食べたイタリアンの中で一番のお店。
今日はクリスマス限定ランチに行って来た。

Cimg0881

Cimg0869


もちろん撮影不可。
でも、はまこはこのおいしさを伝えるべく
コソコソがんばりました★

店内は落ち着いたたたずまいで、
お友達のお家に招待された気分。

Cimg0873

本日のメニューは・・・

◆ Antipasto

ほたてのソテー&温泉たまご
黒トリュフ風味の焦がしバターソース

◆Pasta

ブルーポピーシードを練りこんだフィトチーネ
あさりとともに

栗粉とサフランのラザニア仕立て
小エビのソース

◆Pesce or Carne

あんこうのパンチェッタ巻き
グリンピースソース

or

牛フィレ肉のソテー

◆Dolce 

ヘーゼルナッツのムース 


ここで外せないのが、青のり風味の揚げパン。

Cimg0875

フワッと香る青のりの香りと
モチモチな食感が食欲をそそる。
さっそく白ワインを頼んでAntipastoをいただく。

Cimg0876_1

ソテーされたホタテととろ~り冷たい温泉たまごが
口の中でで溶け合い美味!
フワッと抜けるトリュフの香りにうっとり・・・

続いてフィトチーネ。

Cimg0877

もっちりした手打ちのフィトチーネに練りこまれた
ポピーシードがプチプチはじける。
レアに近いハマグリが磯の香りを放ち、
バジルソースと絶妙に絡み合う。

そしてラザニア仕立て。

Cimg0878

うわっ。ピンがずれてます。。。
なんせ隠し撮りなものでw
この牛タンに見えるのが栗粉でできたラザニアの生地。
ラザニアというと重ね焼きのイメージがあるが、
これは限りなく冷菜にちかく、
生地そのものを味わうと言った感じだ。
中に隠れたえぴがプリップリで、生地の歯ざわりとマッチ。
えびのほうが脇役だ。

いよいよメイン!
わたしは魚のあんこうのパンチェッタ焼きをチョイス。

Cimg0879

これもピンボケ・・・
たんぱくなあんこうに巻かれたベーコンがコクを醸しだす。
上に盛られた揚げねぎが風味豊かだ。
イタリアンに和の要素が加わった味わい。
何よりも、このグリーンピースのソースがおいしく
パンをおかわり、ワインもおかわり。
グリーンピースの青い香りが、全ての素材をうまくまとめている。

ふ~♪
おなかいっぱい、しあわせ~♪
でも甘いものは別腹。
いよいよドルチェの登場!

Cimg0883

ヘーゼルナッツのムースは甘すぎず、
まろやかな舌触りなのにくどくないオトナの味。。。
思わずとろけてしまいそう~。
周りにちじばめられた焦がしキャラメルが
琥珀のように輝いていた。。。

2時間あまりのクリスマスランチ。
盗み撮りしながらも、友と至福のひと時を味わった。

繊細な味わいと盛り付け。
そして、たおやかに流れる時間が
こころを豊かにしてくれる。

たまには贅沢もしなくちゃね!

場所は隠れ家なので公表しません。
というか。。。
住宅地なので忘れてしまった。。。
ちーん。。。

| | コメント (83) | トラックバック (0)