2006年2月27日 (月)

春雨に響くハワイアン
LAULAライブ@kai a noa

降り注ぐ雨も何となく暖かい。
2月もそろそろ終わり、春の訪れを感じる。

今回のライブはボーカルの松井君のホーム
鵠沼海岸にあるハワイアンレストラン
kai a noa ・カイアノア

1

お客さんの大半が地元の方ということもあり
いつもよりアットホームな雰囲気。
「なんだかまったりしちゃいますね~」と松井君。
おそらく昔からの顔なじみの人たちが目の前に座っていて
安心感があったのだろう。

2_2

外は降り止まぬ雨
心強ばらせ
愛の意味さえ
流していく・・・

LAULAの定番ナンバー「恋」がいつもよりも
しんみりと心に響く。
大きな窓越しに降りしきる2月の雨を
いつもよりやさしくそして暖かく感じさせてくれる。

ちょっとしっとりしたところで、ハワイアンナンバーの
オンパレード。
今回はマイクがひとつでいつもよりも音量が少ないと
思いきや、彼らの演奏、声が自然なボリュームで耳に入り
とても心地いいライブだ。

途中、カイアノアのマスターの息子さんがフラを披露!

3

女性のフラは華やかだが、
男性のフラも力強くて見応えがある。
何と言っても今年高校生というのだから
この先が楽しみだ。

そして最後は「涙そうそう」でしめくくり。
LAULAの「涙そうそう」を生で聞くのは初めてだが、
松井君の透き通った声と来海君のウクレレが
いい味を出している。

涙と言えば松井君。
佐賀でのサーフトリップの帰りの羽田空港で
愛用のロングボードを折ってしまったとか。。。
ハワイで買ってきた思い入れのある板だったとのことで
これもまだ涙そうそう!?

ライブ終了後、お客さん達とのおしゃべりを
楽しむLAULAのふたり。
入籍したという女性のお客さんのために松井君は
「君らしく、僕らしく」の弾き語りをしてくれた。

4

そっと丁寧に奏でる松井君の祝福のメロディは
素晴らしい思い出になったことだろう。
わたしも一緒にお祝い!

その後、HANA HOU(ハナホウ)!に応えてくれた松井君。
Kokoro ,Love Letterを披露。
みんなで唄った楽しい夜。
あっという間に更けていったのでした。

ちなみに4月21日リリースの新曲「江ノ電」は
無事レコーディング終了とのこと!
どんな曲かはお楽しみだが、きっと春を感じさせてくれる
さわやかなナンバーなこと間違いなし!
3月中旬からFM横浜の日曜12時からOAの
「WE LOVE SHONAN~our native shore~」
で一足早く耳にすることができるとか!
これは楽しみ♪


LAULA 2nd single【江ノ電】リリースライブ
日時 :4月21日(FRI)
時間 :open.18:00 / start.19:00
会場 :Duo Music Exchange
入場料 :前売り¥5,000 / 当日\5,500
※ご入場時ドリンク代別途 ¥600
全席自由席(整理番号順入場/座席数250席迄、以降スタンディング)
主催  :レイランド・グロウ
協力 :キョードー横浜/FMヨコハマ/江ノ島電鉄株式会社
ALANI ALOHA SOUND/ジェネオンエンタテインメント
ワンダフルストリート
INFO :レイランド・グロウ(0467-22-4488)

視聴はこちら♪

◆アクセス
kai a noa・カイ ア ノア
〒251-0037
藤沢市鵠沼海岸2-1-8
TEL・ FAX 0466-36-5572
営業時間 11:30~16:00 17:30~22:00 (火曜定休)

| | コメント (31) | トラックバック (9)

2006年2月12日 (日)

LAULA meets・・・!?

ALOHAISAI“アロハ・ヴァレンタイン”
@水道橋AlohaGUMBOに行ってきました!

バレンタインデー目前ということもあり、
場内はオトメ、オトメ、オトメ・・・

今回はふたりのプレイを拝むことはできず、
耳だけでライブを楽しんできました。

Photo_178

さすがモテモテのおふたり!
バレンタインのプレゼントをもらいまくり!

Photo_179

Photo_180

ふたりもいつものごとくファンサービス!
サイン!サイン!サイン!

Photo_181

殿方にもきちんとサイン!

Photo_182

そしてとっても嬉しいニュースのプレゼントが!

目下レコーディング中のLAULA.。
4月にはシングル、9月にはアルバムリリースを発表!
(予定は未定だとは言ってましたが・・・)

しかも!
そのシングルのタイトルはずばり

「江ノ電」!

そのまんまやん!
と突っ込みを入れたくなりそうなシンプルなタイトル。
でも、飾り気がないところが彼ららしいよね。

鎌倉から江ノ電に乗って藤沢へ
ガールフレンドに会いにいくオトコゴコロを
描かれているとか。

藤沢がホームの松井君はタイトルを見て
逆のイメージを抱いたらしいのだが、
どんなナンバーを届けてくれるのか楽しみ♪

と、明日Fmyokohama 84.7でO.Aの
WE LOVE SHONAN~our native shore~|
発表予定のニュースを
プレゼントしてくれたのでした。

そして松井君はこんなサービスも。。。

Photo_183

ってか、嬉しそうだよね、松井君w

バレンタインデー当日にもライブがありますよ!
LAULA本人たちからチョコレート&直筆メッセージカードの
手渡しプレゼントがあるとか。

LAULAにチョコを渡したい!
松井君と腕相撲がしたい!(それは保障できないが・・・)
という人は行くべし!

視聴はこちら♪

2月14日(火)
「LAULA VALENTINE'S DAY LIVE&TALK」
@横浜サムズアップ
OPEN 18:30/START 20:00
前売り \3500/当日 \4000
(予約TEL 045-314-8705)
問合せ: レイランドグロウ 0467-22-4488


| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006年1月20日 (金)

Happy Birthday松井君!
LAULA Live@MillionsDeli その2

第二部はThe Ocean Is Callingで軽快にスタート!

「もうさすがにサプライズはないですよね?」
と松井君のひと言がオーディエンスの笑いを誘う。

ここではお客様にプチサプライズ。
1月生まれの3人の方にバースデーケーキのプレゼント。
スタッフとLAULAの意気があった心遣い。

こんなところにLAULAの良さをひしひしと感じる。
ファンを思いやる気持ち、
そして気さくに話ができる距離感。
これはライブでしか味わえない醍醐味だ。

Photo_21

そして森山良子作詞作曲のへ。
しっとりと聞かせてくれるナンバーだ。

Photo_22

すぐに抱きしめたくて
心もとなくて
あぁ恋しくて
しかたないんだ
もっともっとそばに
あの日のように
愛がこわれないように

来海君が奏でる切ないメロディラインと
やさしく歌い上げる松井君の優しい声色を聞く度、

「ふたりもこんな恋をしてるのかな」
と思ったりする。

人を好きになるって
時に切なく悲しいこともあるけど
素晴らしいことだよな~と一瞬トリップしてみたりしてw

そしてテンポはガラッと変わり、
タヒチアンナンバーへ。
Aremiti Fa’ahee、そしてHoi Mai Taputapuatea

日本語の美しさに酔いしれた後、
アイランドチューンのリズムに心が躍る。
このメリハリがLAULAの魅力。

Photo_23

Photo_24

そして来海君、今年ライブでの初ソロ披露!
を歌い上げる。

Photo_25

愛しきものをなでるかのようにしなる指先。
この曲に込められた
来海君の気持ちが伝わってくるようだ。

おっと、ここでプチハプニング!
来海君の目に汗が入り、タオルが投げ込まれるわ、
松井君は新品のギターに張られていた
ピックガードに今さら気づくわ、
またまたみんなの歓声がどっと沸く。

ラストはハワイアントラディショナルナンバーNoho Paipai
だけど、ここで終わるわけがない!
もちろんみんなでHANA HOU(ハナホウ)!の大合唱。
ちなみにハナホウとはアンコールのハワイ語。

「今年いいニュースがたくさんありますように!」
ときたから当然あのナンバー?
と思いきや、
「Kaimana Hila!」と松井君。

裏の裏をかいだとのコメントに
オーディエンスは大盛り上がり。
笑いに敏感な29歳、松井君。
なかなかやるね!

と言いながらもやっぱりここはLove Letter

・・・ただ愛すべき家族や友や恋人を
守る心を持ち
その命の尊さに感謝する気持ち・・・

このフレーズの時、
松井君はお母さんと妹さんのほうに目をむけた。
その瞳には感謝の気持ちと
家族を思う愛情が込められていた。

そして本当のラストナンバーはKaimana Hila

Photo_26

明るいハワイアンナンバーで幕を閉じた。

そして・・・
最後に忘れてはいけない重要人物がいる。
マネージャーの小林さんだ。

後から見守るその目線には
彼らの成長を愛でるやさしさがあった。

Photo_27

時にオーディエンスと一緒に手拍子を打ち、
あるときは鋭く彼らの完成度をチェックする小林さん。
小林さん抜きではLAULAは語れないとおもった。

その足には松井君からお誕生日に贈られたデッキシューズが。

Photo_28

本当にいいタッグを組んでいるな、LAULAって。
「あの心地よいゆる~い空気は、
そんな関係の中から生み出されているのかなぁ」
とふと思った。

そして、後片付けはちゃんと自分でする松井君なのでしたw

Photo_29


視聴はこちら♪

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2006年1月19日 (木)

Happy Birthday松井君!
LAULA Live@MillionsDeli その1

またまたフライングスタートのはまこ。
リハ中にMillionsDeliに到着してしまいました。
The Ocean Is Callingが店内から聞こえてくる。
ちょっぴり得した気分!

今回は席がとれなくてスタンディング。
でも、絶対に来たかったのです!

というのも今日はLAULAのギター&ボーカルの
松井貴志君のお誕生日なのだ。
これはめでたい!めでたい!

ライブ開始1時間前から店内は大賑わい。
80人以上のオーディエンスが今か今かと
LAULAの登場を待っている。

とってもアットホームなムード。
お店のスタッフもノリがよくてスマイリー。

Photo_11

Easyさんwithロコモコ。うまそ~。

お、来海君が登場!
いよいよスタートか!?と思いきや
おトイレに並んでいたw。

髪を切ってちょっと大人っぽくなったんじゃないの?来海君!

Photo_12

「2月には元の長さに戻りますよ~。
え?伸びるのが早いのはHの証拠だって??
エロくない男なんていないでしょ~♪」

はははw さすがB型オトコ・・・
今日もハイテンションでよろしくね!

いよいよスタンバイ!
待ってました~♪

Photo_13

Photo_14


冷たい北風も潮風に変えてくれるような
さわやかなナンバーOut of the Blueでスタート!

Photo_15

「今年もゆるい感じで聞いてください!
自分たちもリラックスしていたい」

と新年のご挨拶。
もうすっかり、筋肉がほぐれてます。

んんん?
なにやら運ばれてくる様子。
そうです!今日は松井君のお誕生日!
ここでお決まりのお誕生日ケーキ登場!

しかし、ここですごいサプライズが!

なんとケーキを運んできたのは松井君ママと妹さんだったのだ!
これには当の本人が一番びっくりしていた様子。

Photo_16

なんでも1年前から来海君とマネージャーの小林さんが
こっそり計画をたてていたとか。

「こんなに嬉しいお誕生日は初めて!
来海君とハグしたい!!」

と心からこのサプライズプレゼントに感動する松井君。
「裏でこっそりね」と笑う来海君。

ふたりとそして小林さんの絆の強さが表われた心憎い演出。
きっと松井君は本当に嬉しかったと思う。
なかなかそんなサプライズってないもんね。
それだけ愛されてるって証拠!

Photo_17

バースデーケーキには松井君が大好きなロングボードが。
心がこもった手作りケーキは舌もとかす甘~い味なんだろうな~。
(ん?どこかで聞いたことがあるフレーズ・・・)

Photo_20


「産んでくれてありがとう」
とお母さんに感謝する松井君の言葉が胸にじんわりとしみる。

お誕生日は祝うのではなく母親に感謝する日。

確かにそうだ。
母親がわたしを産んでくれなかったら
今ここでLAULAに出逢うこともなかったわけだから。

そんな愛をこめてのLove and Honestyを聞きながら
わたし自身も母への感謝の思いをはせる。

Photo_18

「なんだかもうお腹いっぱいだね~」とふたり。
おいおい!まだまだ始まったばかりだよ~!

そう、松井君と言えば今回ライブでおニューのギターを披露。
松井君が好きなジャックジョンソンやベンハーパーも使っている
COLE CLARKというオーストラリアのギター。

Photo_19

「海っぽいナチュラルな音がお気に入り」と松井君。
ギター音痴のわたしにはその違いはわからないけど、
演奏している本人が気持ちいいのが一番!
聞いているほうも同じ波に乗った気分だ。

しっとりとしたナンバーkokoro
夏が待ち遠しくなる定番ソング湘南と続き
一部が終了。

二部はどんなサプライズがあるんだろう。
わくわく♪

・・・つづく

視聴はこちら♪


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

LAULAの魅力

LAULAのことを知ったのは
FM横浜の「WE LOVE SHONAN」という番組だった。
ふと心に入ってきて、そのまま離れなくなった。
こんなことは昔、スピッツをZip FM で聞いた以来だ。

今日はLAULAのクリスマスライブがあったので、材木座の「ALOHA CUBE」へ。

とにかく海風が冷たく寒い!
でもお店に入るととっても暖かく迎えてくれた。

Photo_6

と言いたいとこだが。。。
暖かかったのだけど、リハ中でした。。。
お邪魔して申し訳ない! 
でも親切に入れてもらいました(苦笑)。
なかなか本番前なんて見ることできないよね!

ブリッツのライブでも最前列だったけど、
(来海くんに覚えられていた・・・)今回はほんとにまん前!
ドキドキしてしまうほどの距離だ。
さぞかし歌いづらかっただろう。。。

これってすごい贅沢じゃない? 

ブリッツのときはパーカッションなども入ってた「Love letter」も
今回はアコースティックバージョン。
でも、ギターとウクレレだけのほうが彼らの気持ちが伝わってくる。
音がそして声が暖かい。
シンプルなだけにすぅっと心に染み入る。

Photo_14


来海くんは温和な見た目どおり、朗らかな男性だ。
「来海 大(ライカイ・ヒロシ)」という名前が
その人柄を顕著に現しているような気がする。

しかし、ズンっとしたところがあって、
何があっても動揺しない芯の強さを感じた。

それは歌声にも言えると思う。
ウクレレを操る器用な指先とは裏腹に、
お腹の底から出るたくましさがその声にある。

Photo_15


一方、松井くんはとてもシャイな印象だった。
だけど、こんなに澄んだ瞳を持つひとには久しぶりに会った。
赤ちゃんの瞳のようだ。

あの繊細なリリックは彼の人柄がにじみでたものだろう。
ミニアルバム「Hangloose」に収録されている
「X'masは海に行こう」の
「欲望をみたすだけよりも、こんな素敵な時間の中で・・・」
というフレーズがわたしは大好き。

欲望まみれの世の中でも、
彼のこのリリックを聞くと清々しい気持ちになる。 

Photo_16

ハワイアンとオリジナルJ-Popの融合。
多彩な音と奥行きがあるリリック。
こんな幅広いストーリーを描くことができるユニットは他いない。

「誰よりも早く新しいものが知りたい」という現代において、
彼らの音楽は必ず受け入れられると思う。
なぜなら彼らは今までなかった
新しい音楽の方向性を切り開いたからだ。
それは横浜ブリッツでのライブで満員御礼が予期させる。

Def Techが横浜タイヤのCFソングに抜擢されたように、
大手企業、広告代理店に目をつけられてもおかしくはないと思う。

しかし、急激に彼らをとりまく環境が変わってしまったら、
今のリズムが狂ってしまうのではないだろうか。

「自然体であること」が最大の魅力だと思う。

彼らはまるで天秤のようだ。
美しいハーモニーを奏でるが、重なりあうことはない。
「自然体である」という共通の軸のもと
それぞれの個性を活かしバランスをとっている。

もし、その軸が狂ってしまったら???
いちファンとしてふと心配になった。

Photo_11

ちなみに来海君はライブの後、
みんなのリクエストに応えてピアノで弾き語りをしてくれた。
いつまでも「自然体」でいてほしいと祈るのみだ。
でもそれは、ファンならではのエゴなのだろうか。。。

視聴はこちら♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)